国家資格FP(ファイナンシャルプランナー)の試験について

国家資格であるFP(ファイナンシャルプランナー)の試験は、「日本FP協会」と「金融財政事情研究会(きんざい)」という二つの団体で行われています。両団体で行われる試験に合格することで得られる資格の重みに違いはありませんが、試験内容やプロセス、受験料などに少々違いがあります。この記事では、FP検定を行う二つの団体と試験内容の違い、攻略方法をご紹介します。

FPの試験は二つの団体が開催

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

FP(ファイナンシャルプランナー)の国家資格は、1級から3級までの「ファイナンシャルプランニング技能士」で、「日本FP協会」と「金融財政事情研究会(きんざい)」という二つの団体が検定試験を行っています。受験する側としてわかりにくいのは、まず、二つの団体が存在していることです。試験内容に若干の違いがあること、そして受験料に差があるにもかかわらず、資格の重みは変わらないということも、何かわかりにくさに拍車を掛けている感があります。この記事では、二つのFP関連団体の説明と試験内容の違い、そして攻略のための学習法についてご紹介します。

日本FP協会とは

日本FP協会(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)は、特定非営利活動法人で、FPの育成と組織化に力を入れています。設立は1987年と古く、2001年にNPO法人として認められました。2002年にファイナンシャルプランニング技能士の指定試験機関に指定され、現在に至ります。
日本FP協会では、設立当初から海外FP団体との交流を始めていて、1990年代には、日本で初めてのFP資格試験制度を作っています。この頃に日本FP協会が導入したのが、FPの民間資格CFPやAFPで、これらは現在も有効な資格です。特にCFPは、優れた知識と経験を持つFPの証しであり、日本FP協会においては、FP1級の受験資格とされる、国際的にも効力のある資格です。現在、国内には2万人を超えるCFPの資格保持者がいます。

・CFP

CFP(Certified Financial Planner)は、アメリカのCFP BOARDが認定するFP資格で、日本では、日本FP協会がその認定試験を行っています。CFPは、日本FP協会が行う1級FP技能士の受験資格となりますが、きんざいで1級FP技能士の検定を受検する場合は、取得の必要はありません。CFPの試験は、FP技能士試験と同様の6科目で構成され、すべてマークシートで2日間にわたり行われます。CFPの資格はFP技能士とは違い国際的スタンダードなので、海外でもFPとしての活躍を望むのであれば、将来性という面でも、必ず保持しておきたい資格だと言えます。

・AFP

AFP(Affiliated Financial Planner)は、日本FP協会が認めている民間のFP資格です。AFPの資格試験は現在、2級FP技能士の試験と共通となっていて、この試験に合格し、なおかつ日本FP協会に入会することでAFPの資格を得ることができます。

きんざいとは

金融財政事情研究会(きんざい)は、元々は金融庁主幹の社団法人として、1950年に設立され、現在では一般社団法人となっている、金融や財政についての知識を広め、金融機関や市場の発展に努めるため、調査や研究を行っています。1987年、FPに関連する技能としては初めての評価制度「金融渉外技能審査」を行いました。その後、2002年にFP技能士が国家資格となったことにより金融渉外技能審査は廃止。きんざいはFP技能検定の試験機関に指定されました。「FP技能士センター」と呼ばれるファイナンシャル・プランニング業務に就くもののための機関を設立していて、資格更新制度のないFP技能士の継続的な学習、そして登録更新を義務化する「継続学習制度」を実施して、FPの高い職業倫理と、熟達した技能の継続的保持を目指しています。

FP試験の内容

ここからは、ファイナンシャルプランナーを目指すためには突破しなければならない「FP技能士」の試験についてお話ししていきます。FP試験では、一定の合格基準が定められていて、2級、3級、どちらの試験でも、全問題の60%を正解すれば合格です。

FP技能士の学科試験

FP技能士の学科試験は、日本FP協会、きんざいのどちらで受験したとしても同じ内容になります。60問が出題されるマークシート方式で、3級の場合は2~3の選択肢の中から、2級の場合は4択式で正解を選びます。合格ラインが正解率60%なので、FP技能士の試験は、他の受験者の成績に影響を受けることのない、実力で勝ち取れる検定であることがおわかりいただけるでしょう。

FP技能士の実技試験

FP技能士の実技試験は、二つの団体で内容が異なります。3級、2級、それぞれ分けてご紹介します。

【3級】
日本FP協会では、3級の実技試験は20問の記述式で、「資産設計提案業務」をテーマに行われます。きんざいでは、「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」の中から一つを選択します。設問数は5問で、日本FP協会と同じく記述式で行われます。
【2級】
日本FP協会では、2級の実技試験は全40問の記述式で「資産設計提案業務」をテーマに行われます。
きんざいの2級実技試験は事例形式の全5題。やはり記述式で「個人資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」「中小事業主資産相談業務」「損保顧客資産相談業務」の中から一つ選択して受験します。

初心者のためのFP試験攻略法

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

FP技能士の試験はポイントを押さえて勉強すると効果的です。その一つが、過去に出題された問題を繰り返し解いて練習することです。

過去問で慣れる

過去に出題された問題「過去問」は、FPを目指すうえで、中心に据えるべき学習方法です。過去問を解くことは、学科試験においても実技試験においても、本番に慣れるという意味ではとても効果的です。試験直前は、本番の試験を想定して、まったく同じ時間配分で練習してもいいでしょう。過去問を解くことには、まだまだ意味があります。FP技能士の試験は、その出題傾向として、過去に出された問題が、少しアレンジされて出題されることが多いのです。テキストブックなどの教材を使い、理解することはもちろん大切なことですが、出題傾向を踏まえたうえで繰り返す過去問練習は、FPを目指すなら、誰もが欠かさずにやっておきたい攻略法です。

独学でもFP試験は突破可能?

独学でFP試験を突破する。誰もが考えたくなることですが、3級なら十分に可能、しかし先のことを考えると、最初から通信講座などを受講することを強くおすすめします。3級のFP技能士試験は、受験者の60%以上が合格する試験です。しかし、現実として3級FP技能士の資格を得たとしても、実務にはあまり役立ちません。FPとして活躍するためには、2級FP技能士に合格する必要があります。2級FP技能士検定の合格率は30%程度まで落ち込みます。試験で問われる内容も3級とは比較にならず、ツボを押さえた学習が大切になります。FPを目指すのであれば、2級、そしてAFP、さらには実務経験を積んでCFPや1級につながるような学習が理想的です。独学で突破を目指したいという方は、今一度、通信講座などの受講を考えた方がいいでしょう。

FP試験に備えるための通信講座

FP技能士の資格取得を目指すなら、通信講座をおすすめします。特に、現在、仕事をしていて、通学講座に通うことが難しい場合は、いつでもどこでも学習可能な通信講座が唯一の選択肢になるでしょう。ただ、どの通信講座でもいいというわけではありません。サポート態勢が充実している講座を選ぶようにしましょう。サポートが限定されている講座で勉強しても、それではあまり独学と変わりません。わからないところがあれば何回でも質問できる。そんな講座を選びましょう。